伏見コンサルティング

プロフィール

伏見コンサルティングのコンセプト

幸せに働く個人を増やし、組織の生産性と創造性を高め、幸せに稼ぎ続けることのできる企業・地域創りのため、支援先企業に寄り添った伴奏型支援をしていくこと

当事務所は、主に製造業、製造小売業等を営む中小企業、小規模事業者、副業・フリーランス等の個人事業主に対して、経営コンサルティングサービスを提供しています。

また、様々な補助金申請を成功報酬で実施しています。
補助金申請前の経営診断(省エネ診断含む)から、補助金申請時の事業計画策定支援、補助金採択後の実行支援を実施しています。

経営課題を一緒に整理してほしい、事業計画を一緒に作って欲しい、新規事業にチャレンジしたいので相談に乗って欲しい、補助金を活用して(省エネ)設備導入をしたい又は設備導入後の運用改善により費用削減したい、等のニーズを抱えている中小企業の経営者のみなさま、ぜひ、お問い合わせください。

経歴

1994年群馬県立高崎高等学校 卒業
1999年東北大学工学部機械知能工学科 卒業
2001年東北大学大学院 工学研究科 機械知能工学専攻 修士課程 修了
2001年松下電工株式会社(現パナソニック株式会社) 入社
2019年城西国際大学大学院 経営情報学研究科 起業マネジメント専攻 修士課程 修了

資格

中小企業診断士(登録番号418740)
経営学修士(MBA)
ITコーディネータ
販売士(証41-2第03032号)
電気工事士(大阪府第105501号)
エネルギー管理士試験合格

経済産業省の定める認定経営革新等支援機関として認定

img-award

伏見コンサルティング創業の経緯

代表である伏見は、2001年4月に大手製造メーカーに入社し、施設・屋外用照明器具の新商品・新事業企画、研究開発、市場開発営業など幅広い業務を経験しています。

また、2019年5月に中小企業診断士の資格を取得したことをきっかけに、プロボノ診断士として、中小企業の経営課題の解決を図る為の経営診断・助言等の支援活動をしてきました。

この活動を通じて、直接、顧客企業の経営者等から喜びや感謝の声を頂くことのできる「経営コンサルタント業」に更に興味を持ち、達成感や幸福感を実感できるようになりました。

以上の経験や活動結果から、自分自身のキャリアの志向性として、従来の「組織人」としてキャリアを築いていくこと以外にも、自分自身の「専門性(プロフェッショナル)」や「創造性」を活かして、顧客企業の経営者等と寄り添いながら課題解決を図っていく「仕事人」※としてキャリアを発展させていきたいと強く想うようになりました。

今後は、代表の伏見のように、「個人」の専門性や創造性を活かした「仕事人」として、幸せに働くことを望む個人事業主や中小企業は、増加していくものと考えています。

しかし、このような企業は、一般的には、経営資源が不足しているケースが多く、そのため、

  • ①経営力や生産性を高めるためのノウハウ(または資金・人材・設備)不足を克服したい
  • ②ノウハウ(または資金・人材・設備)は十分にあるが、強みとなる本業に特化するために外注化するなどして効率化したい(すなわち、時間を買いたい)

といったニーズ・課題を有しています。

このような背景の下、代表である伏見は、「幸せに働く「個人」を増やし、「組織(チーム)」の生産性と創造性を高め、幸せに稼ぎ続けることのできる「企業」「地域」創りのため、支援先企業に寄り添った伴奏型支援をしていくこと」をコンセプトに、コンサルティングサービス提供による支援先の課題解決を図るため、2019年8月に伏見コンサルティングを開業し、現在に至っています。

経営のお悩み・補助金支援なら、お気軽にご相談ください

伏見コンサルティングでは、中小企業のみなさまの経営のご相談を受け付けております。
ご相談は無料です。
具体的なサービスや費用に関するお問い合わせ等は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
(24時間受付中)